女性

吸水性土のう袋で損額を最小限にする|店舗に浸入する泥水を防ぐ

窓ガラスに貼るだけ

工事

建物の開口部、特に窓にはガラスが使用されることが多くあります。そのため、ガラスが割れたことを想定して安全対策をしなくてはいけません。一般的なガラスはとても衝撃に弱く、簡単に割れてしまうでしょう。割れたガラスは、鋭く尖っていることもあるので、怪我をすることもあります。そのため、建物のガラス窓には飛散防止フィルムを貼るといいかもしれません。

飛散防止フィルムを貼るだけ、割れてしまった場合でも破片が飛び散ることを防いでくれますので、怪我をする心配はなくなります。一般住宅でも赤ちゃんがいる家庭は、ベランダのガラスに貼った方いいでしょう。さらに、企業のオフィスにある窓ガラスにも飛散防止フィルムを貼りましょう。貼っておくだけで社員の安全を守ることができます。もし、地震が発生した場合でも安全に避難することができるはずです。過去の地震では、割れたガラスの破片で怪我をした人が多くしました。怪我をした人の半数以上が割れたガラスの破片によるものだったために、現在は多くの企業がオフィスの窓ガラスに飛散防止フィルムを貼っています。

飛散防止フィルムは厚さで耐久性が変わります。厚いフィルムを貼ると耐久性の高い窓ガラスになります。しかし、窓ガラスの破片が飛散しない目的の場合は、薄くてもいいかもしれません。薄くても飛散を防ぐことができますし、飛散防止フィルムは厚いと購入費用が高額になります。コストを抑えて安全対策をするなら薄くても効果のあるフィルムを貼ってください。